サービス

メンテナンスプログラム、フリート管理と信頼性えんジニアリング


Tsunami Tsolutionsには、メンテナンスと信頼性プログラムの能力を最適化する効果的なエンジニアリング・ソリューションを設計し、お客様のビジネスに導入するための業界経験と専門知識があります。


Tsunami Tsolutionsは、Part 121航空機の信頼性プログラムを開発または近代化し、運用コストとシステムの可用性にメリットをもたらします。サービスには、現在のプログラム文書の見直し、データ収集プロセスの改善、分析ツールの導入などが含まれます。さらに、航空機のメンテナンスプログラムの改善を推進し、分析能力を強化し、最適なコスト削減のためにプログラムを調整することも可能です。

 
防衛業界のお客様のために、Tsunami Tsolutionsは、商業プラクティスと状態基準保全(CBM+)において最適なコンセプトを取り入れた運用をお手伝いします。これらの改善により、運用ライフサイクル全体を通して資産のパフォーマンスを追跡し、高度な分析ツールとプロセス改善の両方を使用して必要なメンテナンスを定義することができます。私たちは、お客様のフリートの信頼性を最大化し、最も効果的な改善の機会を狙うための経験とツールを備えています。


当社ブランドの技術導入と経験豊富なエンジニアリング・サポート・サービスは、安全性や即応性を損なうことなく、事業者の保守・運用コストの削減を支援します。

Tsunami Tsolutionsの経験豊富なエンジニアとライセンスを持つA&P技術者のチームは、以下のようなご支援も可能です:

FAAは、Part 121航空会社に対し、継続的分析‧監視システム(CASS)の維持を義務付けています。CASSとは、会社が継続的に整備プログラムを監視し、潜在的な問題を認識し、修正を行う品質管理システムです。このようなデータの蓄積には多大な労力と時間がかかります。Tsunami Tsulutionsが提供できるのは、コンプライアンス遵守の支援だけではありません。サービスには、プログラムの文書、プロセス、ツールを評価し、初期プログラムを開発したり、既存のCASSプロセスを強化したりすることも含まれます。コンプライアンス‧プログラム間の相互関係を理解し、ITの専門知識を駆使することで、信頼性‧安全性管理プログラムへのインターフェースをシンプルで効果的なものにします。

エンジニアリング・サービスには、技術文書の作成、トレーニング資料の作成、トレーニングの実施、正確な記録管理のサポートなども含まれます。

サービス

メンテナンスとエンジニアリングサービス

Tsunami Tsolutionsは、航空機、エンジン、スマート‧サブシステムからの運用‧性能データを取得、整理、分析するために必要なツールやプロセスを導入することができます。私たちは、サービス間隔や離陸時間を最適化しながら、新たな問題を診断し、大きな混乱を防ぐためのプロセスの適用をサポートします。また、Tsunamiはスペアパーツプランニングを部品およびコンポネントの取外し予測に統合することで、メンテナンスの訪問に合わせてスペアパーツを準備し、確実に利用できるようにします。

Tsunami Tsolutionsは、お客様の資産が修理サイクルよりも空中でより多くの時間を過ごすことができるよう、メンテナンスプログラムの開発をお手伝いします。メンテナンス‧タスク分析サービス、プログラム開発、近代化から、新しい航空機の統合を支援するメンテナンス‧ブリッジング‧プログラムまで、お客様のメンテナンス施設をより効率的に稼動させることができます。

コンディション‧ベース‧メンテナンス‧プラス(CBM+)とは、システムや部品の信頼性とメンテナンスの有効性を向上させるために、適切なプロセス、技術、知識ベースの能力を適用し、統合することです。CBM+の核心は、信頼性中心保全(RCM)分析と、予後健全性管理を含むその他の有効なプロセスと技術に基づいて実行される保全であると考えます。CBM+は、システムエンジニアリングのアプローチを用いてデータを収集し、分析を可能にし、システム取得、維持、運用の意思決定プロセスをサポートします。Tsunamiは、お客様が予定外のリアクティブなアプローチから、コンディション‧センシングと統合された分析に基づく意思決定によって推進されるプロアクティブで予測的なアプローチに移行するお手伝いをいたします。さらに、当社のチームは、メンテナンスの能力とプロセスを改善し、サポート要素を統合して、メンテナンス中心のロジスティクス‧システム対応を強化するための技術導入を支援することができます。リアルタイムの状態データに基づいて差し迫った故障をより正確に予測し、よりタイムリーで効果的な修理と組み合わせることで、CBM+への移行は劇的な節約につながります。

継続分析・監視システム(CASS)は、FAAが特定の事業者に義務付けているプログラムです。その目的は、継続的にデータを監視・収集し、必要に応じてそのデータに基づいて変更を加えることにより、検査・整備プログラムの有効性を向上させることです。

信頼性プログラムは、CASSにおける保守点検プログラムのサーベイランス機能の基礎となるものです。CASSと信頼性プログラムがお客様の組織に最大の利益をもたらし、リスクを低減し、可用性を高め、継続的な改善を促進することを可能にします。

CASSや信頼性プログラムが満足に機能していない場合、あるいはメンテナンス効率を新たなレベルに引き上げる高度な分析技術をお探しの場合は、今すぐTsunami Tsolutionsにご連絡ください。

航空宇宙&防衛業界において、航空機やエンジンなどのAs-BuiltおよびAs-Maintainedのコンフィギュレーションを管理することは、コンプライアンスとパフォーマンスにとって非常に重要です。Tsunamiは、複数のコンフィギュレーションを持つ航空機、エンジン、コンポーネントをサポートするために必要なツールやプロセスを理解し、異なるシステムやモデル内で適用可能です。Tsunamiは、設計の改善、代替部品の活用、信頼性の向上、コスト削減を実現するための推奨コンフィギュレーションの確立をお手伝いします。当社の航空宇宙サポート‧エンジニアリング部門は、お客様の組織にコンフィギュレーション管理システムを導入し、以下のようなコンフィギュレーションを正確に追跡することができます:

 

  • 部品互換性管理
  • サービスブルティン(SB)適用性とコンプライアンス
  • -パーツカタログ(IPC)から電子部品表(BOM)への変換を行い、請求書発行の精度と顧客受容性を向上


コンフィギュレーションの管理は、耐空性の継続的な維持に不可欠です。

Tsunami Tsolutionsでは、お客様の業務ニーズにお応えするため、以下のような幅広い技術‧整備記録サポートサービスを提供しています:

 

  • 記録管理、分析、レポーティング
  • デジタル記録管理システムによる電子記録の作成から保管に至るまでの総合的な管理
  • ATA/ASD Specsを使用したリビジョン管理を含む、技術文書およびワークカードの作成と管理
  • MRO業務に不可欠なデータの収集、追跡、分析
  • 自社(またはOEM)システムへのデータ取り込みのための、サードパーティのメンテナンス記録のフォーマット変換

航空宇宙リースには、規制と財務の両方のニーズをサポートするために導き出されたユニークな要件セットがあります。正確な記録、効果的な構成管理、詳細な作業範囲管理は、リース資産の耐空性と価値の両方を維持するために不可欠です。当社のチームは、メンテナンスの監督、記録管理、リース前後の文書パッケージの作成などの分野で豊富な経験を持ち、グローバルなMROネットワークで使用されているさまざまな情報システムに精通しています。私たちは、多様な事業者ベースと修理ネットワークで機体、エンジン、部品、機器を管理する際に存在する課題を理解しています。お客様をサポートするため、記録レビューや文書パッケージから、お客様固有のビジネス‧ニーズに合わせたリース管理ソリューションのカスタマイズまで、幅広いリース‧サポート‧サービスを提供しています。

Tsunami Tsolutionsは、貴社の内部コンプライアンス監査を補完し、整備プログラムの健全性と有効性に関する貴重な洞察を提供します。耐空性責任の定義、整備マニュアルの構成、整備組織の構造、整備と改造の実績、整備スケジュールの管理、要求検査項目(RII)の管理、整備記録システム、契約整備管理、要員訓練プロセス、CASSなど、整備プログラムの規制要素をサポートするために、お客様のチームと協力することができます。このプロセスは通常、お客様の現行プログラムの包括的なレビューから始まり、要求された各分野についてランク付けされた成熟度評価を提供します。推奨事項を含む完全な報告書を提供し、予防措置と是正措置を支援します。


Tsunamiは、FAA/DOTの薬物‧アルコールプログラムをサポートしています。当社は、航空業界専門の薬物‧アルコールプログラム管理者(C-DAPA-A)として認定されたチーフ·コンプライアンス·スペシャリストを社内に擁する全米8社のうちの1社です。この重要なプログラムを策定または更新する必要がある場合は、業界のエキスパートであるTsunamiが提供する経験とリスク削減のメリットをご検討ください。

リバース‧ロジスティクスとは、スペアパーツやエンジン、部品などの修理可能な資産を再利用するタイミングと、スクラップやリサイクルするタイミングを見極めるプロセスです。修理やオーバーホールにかかる費用は、最終的にはそのユニットの残存価値を上回ることになります。Tsunami Tsolutionsには、お客様の資産の性能と信頼性を追跡し、残存耐用年数を把握できるシステムを開発‧導入するための知識と経験があります。修理のタイミングと廃棄のタイミングを把握することで、在庫を効率化し、メンテナンスコストを最小限に抑えることができます。